学校の広報誌制作での、ページ数・デザインプラン・写真枚数について

きしもとデザイン制作の広報誌デザイン

小学校や中学校の広報誌制作につきまして、おかげさまでたくさんのお問い合わせを頂いております。ありがとうございます!

お問い合わせの内容で多いものについてこちらで改めてご説明いたしますね。
・ページ数について
・お任せデザインプランと完全オリジナルプランのちがい
・写真枚数の制限について

まずページ数につきまして。

2ページならばA4(またはB5)の表と裏のみになります。

4ページは仕上がりサイズであるA4の倍のサイズであるA3を半分に折り、A4部分が4面できるという形状での4ページです。(B5の場合はB4を半分です)

6ページは、既存の広報誌制作会社さんでは、上にて説明した2ページ(ペラ1枚)を、4ページの二つ折り冊子に挟み込むスタイルが多いようですが、まとまっていないのでペラ1枚が落ちてしまったり、ページ順がわかりづらいことから、きしもとデザインでは巻き三つ折りスタイルの6ページをご提案しています。

広報誌制作時の6ページの形状 それだと高いのでは?と聞かれますが、印刷もわかれますし、制作データが2つになるより1データで済ませられるほうが、、、ときしもとデザインでは、三つ折りスタイルの6ページの方が安価です。

もちろんご希望があれば4ページ+差し込み2ページのスタイルでも制作いたしますよ。

8ページは、ホチキス留めの冊子型と、両観音スタイルで1枚を四つ折りにする両観音折り8ページと2種類から選べます。

広報誌制作時の8ページの冊子型形状

通常は冊子型をご希望される学校が多いですが、周年記念など特別にワイドに見せたい場合は両観音折り8ページが迫力です!

広報誌制作時の8ページの四つ折り型形状

そして次に多いお問い合わせが、広報誌のデザインについて2種ご用意している「おまかせプラン」と「完全オリジナルプラン」です。

どちらのプランでも初回ヒアリングにて「水彩モチーフでかわいく」や「生徒も一緒に読める親しみのあるデザインで」などのご希望は伺います。

その後、最終校了までに3回ほどのやりとり(ご提出~修正)をさせていただくのですが、その際に文字の修正や写真差し替えだけでなく、レイアウトやデザインについて具体的な修正指示を反映できるのが「完全オリジナルプラン」です。

例えば全体的なレイアウト調整はもちろん、イラストのご指定があったり、タイトル周りのモチーフや見せ方にご希望がある場合は、御校オリジナル仕様で仕上げるため「完全オリジナルプラン」となります。

また、写真枚数についてもお問い合わせいただきます。

「おまかせプラン」では7枚、「完全オリジナルプラン」では12枚と写真枚数に制限を設けさせて頂いていますが、写真のトーンがバラバラなものをある程度揃えるための補正もデザインのうちだと考えているため1ページに対し1枚ずつの補正作業の限度を設定させていただいた目安です。

そのため、先生紹介のページでは1ページ7人では収まりませんので枚数が増えてもOKで、その代わりに白い壁の前や、自然光のもとでなど、補正作業が発生しないよう同条件で先生方を撮影していただいたいり、学年ごとの複数人の先生をグループで撮影して写真1枚としていただいたり、、、

いろいろな方法をご相談のうえ、臨機応変に対応できますので、御校のケースを遠慮なくご相談ください。

ただし、1ページに15枚以上の写真を使用する場合は「完全オリジナルデザイン」でお願いしております。それ以外にも背景を消したり、合成などの作業は別途料金を頂戴いたしますので、こちらもお問い合わせください。

きしもとデザインは個人事業やお店の名刺やチラシなど印刷ツールの女性目線のデザインと制作をしています。制作事例はこちら。お気軽にお問い合わせください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。