初めて使ったガラス用の再剥離シール素材

飲食店や事務所の窓ガラスにポスターを貼りたい場合、ポスターを印刷してセロテープで四隅を留めますか?ポスターを印刷してラミネートパウチして、、、結局ガムテープで留めますか?

どちらにしても見た目が悪くなりますよね。ましてや窓ガラスなので両面が見えているわけで、テープで留めている側は汚く見えてしまいます。

また、ポスターを差し替えたいときに剥がそうとすると、テープ跡が残ってきれいに剥がせないことが多いです。

今回は居酒屋さんから下記お写真とともに「入口の窓ガラスにアルバイト募集ポスターを貼りたいけれど、外からはビール樽の目隠しを兼ねていて、でも後ろをガムテープで留めると店内から丸見えだから、どうにかできないか?」というご相談を頂きました。

がんこ蔵のアルバイト募集ポスター

私もいろいろな貼り方や素材を調べ、今回は再剥離シールという素材がベストとご提案させていただきました。もともとはA3サイズを横に貼っていましたが、用紙を一回り大きくB2に、そして縦デザインで制作させていただくことにしました。

がんこ蔵のアルバイト募集ポスターのモックアップ

上記写真は、合成です。

先方からいただいた「貼る場所」の写真に、ポスターデザインを合成であてはめて「こんな見た目になりますよ」をお知らせするモックアップです。道を歩く通行人から見て頂ける文字量や文字サイズも、これならわかりやすいですものね。

下記にあるのが少しのデザインの調整を経て、下記が納品した「再剥離シール」を貼っていただいた完成写真=本物です。

モックアップとほぼ同じサイズで同じ見た目ですね!ほっと一安心。

がんこ蔵のアルバイト募集ポスター

再剥離シールは、スマホ画面に貼るフィルムのように一度失敗してももう一度剥がして空気を抜きながら貼りなおせる、とても使いやすい素材です。裏側もテープなどがありませんから、すっきり見え、店内の景観を邪魔しませんよ。

窓ガラスへの用途があれば是非ご参考にしてください!

きしもとデザインは個人事業やお店の名刺やチラシなど印刷ツールの女性目線のデザインと制作をしています。制作事例はこちら。お気軽にお問い合わせください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。